独自の味わいが、また癖に

独自の味わいが、また癖に

青汁って好き、美味しい、といっている人が増えてきました。青汁第一世代の私にとっては軽くびっくりです。最初に青汁がでたころ飲んだきりで、そのまま、青汁を諦めた私にとっては衝撃的だったのです。

 

いまは母が青汁を買って飲んでいまして、それを横目でみていました。昔のように、レトルトのようなものでそのものずばりの味がするのではなく、粉末タイプのようでしたので、味もかなりマイルドになっているという感じがしました。

 

試しに一つ飲んでみると、母がおすすめの方法で飲んだのですが、美味しかったです。甘さが目立ち、多分私が試したものは、ハチミツ入りかなにかだったと思うのですが、そうとうマイルドでした。

 

これなら美味しくないものが大嫌いな、母でも飲むよなあ、と思いました。その後、私も、きな粉を入れてみたり、ごまを入れてみたり、工夫すると、ちょっとその辺りで売っているシェイクのようになって、栄養は豊富だし、とっても楽しかったです。

 

青汁ってとても飲めたもんじゃないという私の偏見を見事に打ち破ってくれた、最近の青汁、私も色々アレンジして飲みながら、より美味しい飲み方を研究中です。

 

いまでは青汁の独自の味がまた癖になっています。すっかり青汁生活を満喫してしまっています。