おばちゃんもびっくり!聞いて驚く青汁色々

やっぱり、国産のがいいの?

生の素材をそのまま使っているイメージがある青汁は、やっぱり原料となるものにもこだわりを見せたいものです。国産のケールとか、大麦若葉、アシタバ、桑の葉などは、製造過程でそれなりのこだわりがあり、価格もやはりすこし高めになりますが、健康食品としてみるのなら、安心、安全です。

 

ケールや大麦若葉というのは、世間一般の野菜として売っていることは少ないですので、その分、契約している農家に特別に作ってもらう、取り寄せることが多くなります。もし自分で自作して青汁を作る場合も、青汁の素材にはこだわりを持ちましょう。

 

毎日飲むものですから、有害な成分や、農薬を少量でも含んでいたら、すこしずつ体に影響がでてくるかもしれません。だからできれば無農薬栽培のものを使うと安心です。しかも国内栽培なら、出所がしっかりしているので、その点も良い点です。

 

どうせ青汁を飲むのなら、こだわりを持ちたい!というあなたには、やはり国産の無農薬の青汁を利用した商品の利用をおすすめします。また、自分で通販で葉をそのまま取り寄せる場合でも、なにかしらのこだわりをもって原料の葉を選ぶといいでしょう。良い素材を使っていれば、それだけ多くの健康効果、そして安心が得られる筈だからです。

関連情報

$cache_time ) { // キャッシュが存在しない or ファイルが小さすぎる or 古すぎるので再度ダウンロード $data = file($url); // 新規キャッシュファイルを作成 $fp = fopen($cache_file, "w"); flock($fp, LOCK_EX); foreach ($data as $key => $value) { fprintf($fp, "%s", $value); } flock($fp, LOCK_UN); fclose($fp); } else { // キャッシュが有効な場合は内容を配列として読み込む $data = file($cache_file); } // 乱数列初期化 srand(time()); // $dataの要素を乱数で並べ替え shuffle($data); // $dataの先頭要素を表示 for ($i=0; $i<=10; $i++){ echo $data[$i]; } ?>